思いつき日記

むかしむかしあるところにえんじゅとかいう人がいましたとさ。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久々に更新

1ヶ月更新してなかった割りに、カウンターが回り続けてるのは不思議ですね@@;
こんにちは、元気です。久々の更新とかなんかこう手が震えますね。


つまり


ゴゴゴゴゴゴゴ

TWCI_2005_6_27_20_33_51.jpg



キシャアアアアアアアアアアアア


TWCI_2005_6_27_20_33_511.jpg


こんな感じです。
はい、意味わかんないですよね。
エンジュワールドへようこそ。

上のSSは昨日久しぶりに勇者の墓をクリアしたので使いたかっただけです。ちなみに13階のランダムワープで3度も遠回りしたのに2位でした((( ⊂⌒~⊃。Д。)⊃たまには最後まで登ってみてはいかがでしょう。


TWCI_2005_6_27_17_57_1.jpg

スポンサーサイト
[ 2005/06/28 10:50 ] TW | TB(0) | CM(4)

思い出の場所とか

しばらくブログを停止しようと思います。
理由は書きたい文章が書けなくなったためです。自分が書いてて面白くないものは皆さんが見てもやはり面白いものではないでしょう。

TWが楽しいときは楽しい記事が書けますが、特に何も思わない時は書けないということなのでしょうね。とはいえ、気分屋なのでまた書くかも知れませんが。

ティチは120レベルになりました。メトラまであと少しですが、まぁどうなることやら。ネタキャラのはずがそこそこのレベルにまでなってしまいましたね。

色々思うところあったので、今日は思い出の場所を巡ろうと思いました。


TWに本当にはまったのは公平狩りの楽しさを知ったからでしたね。レベル42までずっとソロで、オープンβが始まって3ヶ月たった5月に初めてクラブに所属し、公平狩りを体験しました。それが水晶であり、シノプでした。

そういえばシノプは、課金の頃にバルカンキャノンが配置され、みながこぞってシノプ6に向かったものでした。ここでティチ無しポットがぶ飲みで狩って、破産したのを覚えています。

今は砂時計が配置され随分狩りにくくなっているのですが、一応セカンドで行ってみました。
TWCI_2005_5_31_22_42_46.jpg


うん、痛い。ちなみに血人形とかいました。ああ、懐かしい。玉実装の頃、廃人達がこの人形を争っていましたね。3時間に1度沸いて二度沸きするんだったかな。記憶が不鮮明なので間違ってるかも。それでいて、セイラ合成は今の二倍玉が必要とかで、あの頃にセイラ作った人は本当にすごいですよね。虎だとフ○イクや、Drが最初にセイラだったのかな。これまた曖昧です。しかも彼らが頑張ってセイラを作成した数日後には血バグでセイラと玉が量産されたのですから彼らの無念は計り知れません。

話がそれましたね。
次に、混乱7に行ってみました。
TWCI_2005_5_31_23_29_22.jpg


ここは去年の8月頃にもっぱらソロ狩りをしていた場所ですね。あの頃は、トランプはいなくてアヒルとサイズだけだったような。ターバンが1~1.5Mで儲かったのと人気のある75武器が7Mとかが相場だったのでとにかくここでずっと狩っていましたね。なので、狩場が同じ人は自然に覚えてしまうわけで、ここでSEEDのメンバーを頻繁に見るようになったのがSEEDに入ったきっかけになったんでしょうね。もくもくとソロ狩りする人はとかく凄いと思ってしまうものです。

最後に混乱9

TWCI_2005_5_31_23_52_9.jpg


ここはルグでかなり篭った場所です。133で公平ができなくなってからは、まずは水晶にこもりました。しかし160あたりで、取得経験値が減りだしてレベルもなんとか9で狩りできるようになってきたので(手裏剣でゼネラルに1600↑)、そこからは9にずっといました。40レベル分ですから2ヶ月くらいはここで狩ったんでしょうね。勿論DOPも数レベル通いましたが。

さくらのメンバーはここがメイン狩場の人が多く、とりあえず9に行けば、ミルさん、ジニさん、Kotoriさん、イマさん、セナさん、ちとせさんの内の誰か4人はいましたね。お陰で、さくらのクラブ狩りUZEEEEEEEEEEと言われたのかもですが、高レベルの狩場でうまいのは紅4か混乱9しかないわけで、仕方ないとしか言いようがなかったですね。クラブ狩りというよりは、9階が適正狩場であるメンバーがさくらに数多くいただけでした。人多すぎで効率悪いのは我々も同じでしたしね。ジーニさんと同時に200染色を達成したのもこの場所ですし、やはり一番思い出のある場所です。

そういや親交のあるマゾナヤさんと良く出会ったのもこの狩場でしたね。横殴りやモンスターなすりつけは日常茶飯事。むしろ挨拶のようなものでした。もうナヤから私は手を引きましたが、今なお一線でナヤで狩り続けてる彼は本当に尊敬に値しますね。さて、過去を懐かしんでばっかりいるのもアレなので、今日はこれにて。

今まで来てくれた方々、本当にありがとうございました。
お疲れ様です。
[ 2005/06/01 00:49 ] TW | TB(0) | CM(6)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。